2015年8月16日聖霊降臨後第11主日礼拝説教

聖書 マルコによる福音書 9章30-37節

説教 子どもを受け入れる信仰

36節をご覧下さい。主イエスはひとりの子供の手を取って弟子たちの真ん中に立たせ抱き上げて、「私の名のためにこのような子供の一人を受け入れる者は私を受け入れるのである。私を受け入れる者は私ではなく私をお遣わしになった方を受け入れるのであると仰せになった」と書いてあります。それで今日の説教題を「子どもを受け入れる信仰」と致しました。

続きを読む →

2015年5月24日 聖霊降臨主日礼拝

聖書 ガラテヤの信徒への手紙 5章16-26節

説教 歩く、生きる、実を結ぶ

今日は精霊降臨日、ペンテコステです。世界中の教会で特別にお祝いをする日曜日が一年に3回あります。ひとつはクリスマス、イエス・キリストがお生まれになりました。ふたつめはイースターです。十字架にお掛かりになったイエス様がお蘇りになった復活祭です。みっつめが今日の聖霊降臨日です。天にあげられたイエス様が父なる神様と共に、私達のために精霊をお与えになりました。これによって私達が神様の愛とイエス様の恵みを知ることとなり、神様の子供として祝福されることになりました。

続きを読む →

2015年5月17日 復活節第7(昇天後)主日礼拝

聖書 マルコによる福音書 7章14-23節

説教 心を覗いてごらん

ただいま7章の14節から23節までを読んで頂きましたけれども、1節から続いております箇所でありますので、最初の1節から23節までを取り上げて、共に聖書の御言葉に耳を傾けたいと思います。福音書の中では、比較的長い物語に属するのではないかと思います。物語と申しましたが、ある人々との論争、そして弟子たちに語られた御教えであります。私達にはなじみの薄い話のようにも思われますが、大切なことをここでもイエス様がお語りになっておられます。しかもユーモアをもってお話になっておられます。こころに留めて、神様を賛美したいと思います。

続きを読む →