復活節第一主日

 復活

聖書箇所:ヨハネによる福音書20章 1-10 節

1 週の初めの日、朝早く、まだ暗いうちに、マグダラのマリアは墓に行った。そして、墓から石が取りのけてあるのを見た。2 そこで、シモン・ペトロのところへ、また、イエスが愛しておられたもう一人の弟子のところへ走って行って彼らに告げた。「主が墓から取り去られました。どこに置かれているのか、わたしたちには分かりません。」3 そこで、ペトロとそのもう一人の弟子は、外に出て墓へ行った。4 二人は一緒に走ったが、もう一人の弟子の方が、ペトロより速く走って、先に墓に着いた。5 身をかがめて中をのぞくと、亜麻布が置いてあった。しかし、彼は中には入らなかった。6 続いて、シモン・ペトロも着いた。彼は墓に入り、亜麻布が置いてあるのを見た。7 イエスの頭を包んでいた覆いは、亜麻布と同じ所には置いてなく、離れた所に丸めてあった。8 それから、先に墓に着いたもう一人の弟子も入って来て、見て、信じた。9 イエスは必ず死者の中から復活されることになっているという聖書の言葉を、二人はまだ理解していなかったのである。10 それから、この弟子たちは家に帰って行った。

 説教要旨

(説教全文はここでご覧になれます)

主のご復活の日の出来事です。マグダラのマリアが、日曜日の朝早く、まだ暗い内に、主イエスの墓に急ぎました。とろこが、墓に行って見ると、入り口を塞いでいた大きな石が脇に取りのけられているのを見ました。それは、主のご復活を示すしるしでありました。けれども、マリアは不安に襲われたのであります。墓が荒らされ、主のご遺体が失われてしまった、と思ったのでした。そして、死は、その最も大きな石でありましょう。人類の歴史も、また、同じです。
その大きな石が、主のご復活によって取り除かれたのです。マリアは見ましたが、しかし、悟ることはできなかったのです。不安に襲われたのでした。急いで、シモン・ペトロと主が愛しておられた弟子のところへ走って行ってそのことを伝えました。ペトロとヨハネも墓へと急ぎます。彼らも不安になったのです。ペトロは墓に入って、亜麻布が置いてあるのを見、また、主イエスの頭を包んでいた覆いが、亜麻布と同じ所にはなく、離れたところに丸めてあるのを見ました。きれいにたたまれ、きちっと丸められていたのです。墓は、荒らされたのではありませんでした。もうひとりの弟子も中に入り、その様子を見ました。そして、信じた、と記されています。これが、主イエスが復活された、その日の最初の様子であったというのです。どうして、マリアも、そして、ペトロとヨハネも、その時、まだ、主のご復活を、受けとめることができなかったのでしょうか。復活の主ご自身が、近づき、語りかけ、私たちに出会ってくださらなければ、誰一人、主のご復活を受けとめることはできないのです。天の父なる神が、主イエスを甦らされたのです。そして、神ご自身がわたしたちにそのことをお示しくださらなければ、わたしたちはその恵みを受けとめることはできません。「イエスは必ず死者の中から復活されることになっているという聖書の言葉を、二人はまだ理解していなかったのである。」とあります。ルカ福音書に記されるエマオ途上の二人の弟子のことを思い起こさせます。二人の弟子は、自分たちに近づき共に歩かれるお方が主であることに気が付きません。ただ、このお方は、道々、聖書の言葉を説き明してくださったのでした。その時、二人の弟子の心は燃えていました。そして、宿屋について食卓を囲みその方がパンをさいてくださりぶどう酒を分けてくださった時、主であることを悟ったのでした。
あのエマオ途上の二人の弟子のように、復活の主ご自身が私たちの歩みに近づいて来て下さり、聖書の言葉を、わたくしたちのために説き明かしてくださる。そうして、新しい命に生きる者となる。神の国での甦りの希望に支えられることになります。これが、ヨハネ福音書が記す、復活の日の朝、そのはじめの様子であります。

復活前第一主日

十字架

聖書箇所: ルカによる福音書 23章 39ー49 節

39十字架にかけられていた犯罪人の一人が、イエスをののしった。「お前はメシアではないか。自分自身と我々を救ってみろ。」40すると、もう一人の方がたしなめた。「お前は神をも恐れないのか、同じ刑罰を受けているのに。41我々は、自分のやったことの報いを受けているのだから、当然だ。しかし、この方は何も悪いことをしていない。」42そして、「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」と言った。43するとイエスは、「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と言われた。44既に昼の十二時ごろであった。全地は暗くなり、それが三時まで続いた。45太陽は光を失っていた。神殿の垂れ幕が真ん中から裂けた。46イエスは大声で叫ばれた。「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。」こう言って息を引き取られた。47百人隊長はこの出来事を見て、「本当に、この人は正しい人だった」と言って、神を賛美した。48見物に集まっていた群衆も皆、これらの出来事を見て、胸を打ちながら帰って行った。

説教要約:

十字架の主のお姿には、「見るべき面影はなく、輝かしい風格も、好ましい容姿も」ありません。旧約聖書に預言されていたように、人々は主を口々にののしり、あざ笑いました。ある者は、「もし神からのメシアで、選ばれた者なら、自分を救うがよい」と言い、他の者は、「お前がユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ」と言う。一緒に十字架にかかっていた犯罪人までもが、「お前はメシアではないか。自分自身と我々を救ってみろ」と、あざけったようです。

それにしても、十字架には、どんなに激しい苦痛が伴うことでしょうか。言語に絶する、と言われます。手足を引き伸ばして釘を打たれ、体全身の重みが、そこにかかります。釘を打たれたあたりは、神経が張りめぐらされているところですから、痛みは激しく、耐え難いことだったでありましょう。ことに、釘のあたっているところは、肉が腫れてたちまち腐り始めると言われます。激しい頭痛も伴います。体力の衰えるにつれて、苦痛の度合いが高まます。発熱にひどい渇きが伴います。直射日光が、心身の苦悩を助長します。

主イエスは、しかし、これらすべての苦しみの中にあって、ご自分を十字架にかけた人たち、あざ笑う者たちのために、執り成してくださったのでした。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」

そして、主のお姿に畏敬の念をいだいた一人の犯罪人に向かっては、「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる。」と仰せになりました。預言者イザヤの言葉のように、その打たれた傷によって、また、身に帯びた病によって、主はお癒しくださるのであります。

続きを読む →

主と共に待つ賢さ復活前第二主日

主と共に待つ賢さ

聖書箇所: マタイによる福音書 25章 1-13 節

1「そこで、天の国は次のようにたとえられる。十人のおとめがそれぞれともし火を持って、花婿を迎えに出て行く。2そのうちの五人は愚かで、五人は賢かった。3愚かなおとめたちは、ともし火は持っていたが、油の用意をしていなかった。4賢いおとめたちは、それぞれのともし火と一緒に、壺に油を入れて持っていた。5ところが、花婿の 来るのが遅れたので、皆眠気がさして眠り込んでしまった。6真夜中に『花婿だ。迎えに出なさい』と叫ぶ声がした。7そこで、おとめたちは皆起きて、それぞれのともし火を整えた。8愚かなおとめたちは、賢いおとめたちに言った。『油を分けてください。わたしたちのともし火は消えそうです。』9賢いおとめたちは答えた。『分けてあげるほどはありません。それより、店に行って、自分の分を買って来なさい。』10愚かなおとめたちが買いに行っている間に、花婿が到着して、用意のできている五人は、花婿 と一緒に婚宴の席に入り、戸が閉められた。11その後で、ほかのおとめたちも来て、『御主人様、御主人様、開けてください』と言った。12しかし主人は、『はっきり言っておく。わたしはお前たちを知らない』と答えた。13だから、目を覚ましていなさい。 あなたがたは、その日、その時を知らないのだから。」

説教要旨:

最後の晩餐の折に、主イエスはパンと杯とをお与えになって「わたしを記念するために、このように行いなさい」とお命じになりました。その主のお言葉に従って、私たちも聖餐にあずかります。

聖餐式は「信仰と希望と愛の食事である」と言われます。「愛の食事」とは、イエスさまが御自身を与えてくださり、命を注ぎだして、私たちを愛してくださったからです。「信仰の食事」とは、これによって私たちを神の民としてくださる、契約の食事で、わたしたちが信仰を与えられてこれにあずかるからです。「希望の食事」とは、これによって神の国を待つことがゆるされ、神の国での食卓にあずかる希望を与えられるからです。「信仰と希望と愛の食事」、そう呼ばれます。

日頃、聖書の御言葉によって教えられ、私たちが学んでおりますのは、この聖餐に湛えられている恵みのことであります。

続きを読む →