2014年11月30日 待降節第1主日礼拝

聖書箇所   マルコによる福音書4章26-34節 

26また言われた、「神の国は、ある人が地に種をまくようなものである。27夜昼、寝起きしている間に、種は芽を出して育って行くが、どうしてそうなるのか、その人は知らない。28地はおのずから実を結ばせるもので、初めに芽、つぎに穂、つぎに穂の中に豊かな実ができる。29実がいると、すぐにかまを入れる。刈入れ時がきたからである」。30また言われた、「神の国を何に比べようか。また、どんな譬で言いあらわそうか。31それは一粒のからし種のようなものである。地にまかれる時には、地上のどんな種よりも小さいが、32まかれると、成長してどんな野菜よりも大きくなり、大きな枝を張り、その陰に空の鳥が宿るほどになる」。33イエスはこのような多くの譬で、人々の聞く力にしたがって、御言を語られた。34譬によらないでは語られなかったが、自分の弟子たちには、ひそかにすべてのことを解き明かされた。

説教   神の時を待つ忍耐    説教全文をここでご覧になれます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です